バイアグラの処方について

副作用が起こっても自己責任

ところが、昨今の高齢化社会の到来もあり、健康保険はどこも財政が逼迫しています。
つまり、加入者からの保険料よりも、医療費の7割の部分として保険が負担しなければならないお金のほうが多くなっているところもあるのです。
ここで保険制度が完全に加入者からの保険料だけでまかなわれているのであれば制度の仕組みの問題かもしれませんが、実はここには保険料だけではなく税金も投入されたりしているのです。
税金が投入されている以上、安易な使い方はできません。
ということで、医療の範疇ではあっても、健康保険を全てに対して適用していては制度が持たないと判断され、一部の、保険を適用するのが適当ではないと考えられるものは健康保険適用対象外とされているのです。
バイアグラなどはまさにそういう医薬品であり、医療の範疇ではありれっきとした医薬品ではあるものの、健康保険が適用されません。
ですから、窓口で支払うべきお金は医療費の3割ではなく10割となります。
これは国の制度ですから、日本全国どこの医療機関でも同じで、致し方ありません。
ちなみに、医療機関で処方箋さえ書いてもらえば、その医療機関だけではなく薬局でも医薬品を購入することができますが、この薬の場合わざわざ別の薬局に行って薬を購入しようとする人は少ないでしょうから、その医療機関で受け取る人が多くなっています。
もちろん薬局に行って購入する場合でも10割負担となることに変わりはありません。
なお、バイアグラを手に入れる方法として、これとは全く別のやり方があります。
それは、個人輸入という方法です。
医薬品は個人的に利用する場合に限って輸入することが認められています。
当然ながら海外から輸入するものに対して日本の健康保険は適用されませんが、この薬の場合はそもそも日本国内でも10割負担なのですから、海外からの輸入だと保険が適用されないというのは特にデメリットにはなりません。
ただし、もちろん国内の医療機関を受診して処方してもらう場合とは異なって、もし副作用などが起こったとしても自己責任になります。

バイアグラには処方箋が必要副作用が起こっても自己責任

市販 バイアグラ : バイアグラの処方・購入